COLUMN



aroma_image_1280x853

香料の種類について

私たちの周りには芳香剤や消臭剤、柔軟剤をはじめとした様々なアロマ製品があります。
それらで使われている香料にはどういう種類があり、どのような特徴があるのか知ることは重要です。
まずは香料の原材料から大きく2つに分類される点から解説します。

・天然香料

動植物から蒸留、圧搾、摘出などの方法で得られる香料です。天然の恵みの一雫と評され、芸術的とも言えるその有機配列は科学技術が進歩した現代においても全く同じものを生成することは不可能と言われています。そのため、メディカルアロマテラピーなど心身の不調に働きかける製品やサービスでは今でも天然香料が使われています。有効性が高い一方で、天然由来であるが故に栽培している地域や天候などで香りや成分が微妙に変化するなど、品質にバラつきが生じるという欠点があります。
また、膨大な原材料が必要になる場合が多いため値段が高額になりがちです。例えばダマスクローズオットーのエッセンシャルオイル1リットルを採油するのには約5トンの花びらが必要になるなど、香料成分を得るには多大な時間とコストが必要になるデメリットがあることから、大量生産を行うのは難しいという特徴があります。

・人工香料

石油や石炭などに含まれるベンゼンやアセチレンなど基礎的な化学物質から製造されるものと、類似する有機配列をもつ天然香料から成分を抽出して人工的に作り出したもの(半合成香料)の2種類があります。
工業的に大量生産が可能で、香りの物質を得ることさえできれば原料に制限がないことから安価に作れるのも特徴です。
また、石鹸のような官能的な香りで人気のムスクのように、天然原料から調達できなくなった香料の代替品として利用されるといった代替ニーズにも対応しています。
酸化・還元・縮合・転位・エステル化など高度な化学反応を駆使して作られているため、天然香料に近いレベルまで到達している香料もありますが、人の感情や行動を変化させるという観点では天然香料に及ばないことと、昨今では香りの密度を高めた香料を使用することによる香害も大きな問題になっています。

このように、原料から分類して2種類あり、それぞれメリット・デメリットがあることが分かったと思います。それでは、香りのエッセンスとして販売されているものに、どんな種類があるのでしょうか。ここでは代表的なものを幾つか挙げたいと思います。

・アロマオイル

芳香成分を凝縮した成分を含む商品として広義で使われるなど定義が曖昧なことから、天然香料と人工香料が混在して使用されています。エッセンシャルオイルが国内に入ってきた際に、高価だったことから類する商品として売り出した際に付けられた名前と言われていることから、インターネットや100円ショップなどで販売されているアロマオイルの多くは人工香料です。

・エッセンシャルオイル(精油)

植物の中にある芳香成分だけを水蒸気蒸留法や圧搾法などの方法で抽出した有機化合物です。販売されている商品が天然由来なのかそうでないのかを見分ける一般的な方法は、商品に原産国・学名・抽出部位・抽出方法の4点が記載されているかどうかがポイントになります。
しかし、希釈せず100%天然成分で作られているかどうかを法律的に定めたものがないことから、インターネットなどではアルコール等で希釈したものを販売する業者が増えています。安全なエッセンシャルオイルを使いたい場合は、長年エッセンシャルオイルの販売を行っている会社か第三者が品質管理を行っているオーガニック認証の取れたものだと安心してご利用いただけます。

・アロマウォーター(フローラルウォーター)

アロマオイル同様に水溶性の芳香水として広義で使われていて、加湿器やアロマディフューザーなどを使った空間芳香の際などに使われます。
市場で売られているものは人工的に作られたものと植物から抽出したされたものが混在していますが、商品のパッケージや説明ページに原材料や作り方の記載がない場合には人工的に作られたものが大半で、中には界面活性剤など吸引することで健康被害に繋がる商品も反乱しているので注意が必要です。

・芳香蒸留水(ハイドロゾル)

植物から水蒸気蒸留法で芳香成分を抽出する際に発生する副産物で、芳香成分を含んだ蒸留水です。純粋なエッセンシャルオイルほどの芳香成分は含んでいませんが、水にコロイド状になった油溶性成分が飽和限界まで溶解していることから、エッセンシャルオイル同様にナチュラルで心地よい香りが楽しめます。

いかがでしたでしょうか。
香料と一口に言っても様々な種類があることがお分かりいただけたかと思います。天然香料にも人工香料にも一長一短あり、どちらが優れているのかは一言では言い表せません。アロマ製品に何を求めるのかじっくり考えてみて最適な香りを探してみてください